テーマ:ドラマ

スペシャリスト 最終話

書くのが遅くなってしまいましたが、ついに最終話です。 犯罪に魅了されてしまった人が野方っち…なのは「もしかしたらそうなのかも」と思っていたのでさほど驚きませんでした。 黒幕が滝道さんだったのも驚きはしなかったですが、最終話の最初の方で味方のような振る舞いをしていたので「滝道よ、お前もか」と思う気持ちが強かったです。 事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第9話

ついに佐神との対峙。 今更必要ないかと思いますが、ネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意を。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 多くのマネキンやTVモニターで囲まれた部屋で行われたそれは、非現実的なことと相まって緊迫感が助長されていました。 佐神の口から語られる「我々」のこと。 本当の黒幕はまだ誰かわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第8話

最初からよくない方向に行きそうな感じがバンバン出ていて気が気じゃなかった第8話。 やっぱり…ていう展開になってしまって今、とってもソワソワして落ち着きません。 とにかく美也子さんの回復を願っています。 そして法彦くんと3人でたっくんの願う「何もない浜辺で何もしないで一日波の音を聞いていられる日」を過ごせますように。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第7話

今回は「野方っち口を滑らせるの巻」ですね。 キーワードは「あっ…」(笑) ・水道凍結注意のテロップ…!(@北海道) 大事ですよね、うん。 わかってます。 えーん。 ・病院大好きなたっくん 「服役中も何かあったら医務室連れて行ってもらってたし」 弱いのか、情報収集のためか。 ・野方っち「イタズラかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第6話

今回は、話の本題とはズレてしまいますが、懐かしい方々との共演に注目して見ました。 ・変な事件は総事係へ(by野方っち) ・私にも「ん?」ってそのポテチを勧めておくれ。 人生何度目かのダイエット中ですが、喜んでいただきますとも。 ・殺された被害者が菊池均也さん。 懐かしい共演者さん、その1。 赤井先生ですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第5話

今回は先に言っちゃうと「応募していない試写会には参加しない」ですね。 ・何ですか、その三文芝居は。 警視庁防犯ピーアールイベントの劇だそうです。 我妻さん幼稚園児役 笑 ・ごまかし下手な野方っち。 ・真実は斜め左に隠れている! 名探偵・早乙女晃の決め台詞らしい。 ・左から~左から~忍び~込む~♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第4話

ようやく話の展開が早い流れに慣れてきました、スペシャリスト(遅い)。 今回の見どころは…一番最後に。 ・総事係内で秘密の行動はできません。 大抵たっくんが気配を殺してソファに寝そべってお菓子を食べるか知恵の輪をいじっていますからね。 ・○総事係、×掃除係 ご本人たちに陰でなんて略されているかバレちゃいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第3話

展開が早くて、あっという間の1時間でした。 「たっくん可愛い」と思った回数が少なめの回でもありました(私調べ) ・監禁係の我妻さん。 夏菜『今日はースペシャリストだよ!』 ⇒ http://amba.to/1Qu8aKv 巻き込まれちゃうタイプなのね。 ・野方希望36歳です。 「貫禄がないのが僕の武器の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第2話

たっくんの可愛さにやられながらも、いろいろ考えさせられた第2話でした。 それでは感想をつらつらと。 ・スマホの位置登録ゲームに夢中なたっくん アイテムをゲットするためならどこへでも行きます(`・ω・´)ノ ・なんと勇者宅間は棒を手に入れた! お手柄たっくん。 ・野方っち、見た目よりするどいね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャリスト 第1話

つよぽん、朝から生番宣おつかれさまでした! 最初こそ、朝だから?緊張してるから?こんな時だから?少し固いかなって思いましたが、だんだんいつものつよぽんらしさが出てきて安心しました。 特に「ワイド!スクランブル」で言いたいことが時間内収まらなかったところとか 笑 羽鳥さんとの番宣から離れたパーカー談義もよかったですねぇ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきた・無実の罪で刑務所に10年入っていた男。

読んでも内容は伝わらない「スペシャリスト2」の感想をどうぞ! ・まずは、おかえり、たっくん。 あなたの帰りを待っていました。 ジャケット+パーカー姿は相変わらずお似合いです。 ・あれ、姉小路さんがうるさくない。 聞きやすくなっていてよかったー! ・たっくんは刑務所に10年入っていたからなんでもお見通し。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 最終話!!「恋の結末」

ここ2回ほどうだうだと言いましたけれど… 結論から言いますと、納得のいくラストでした。 結局は、守が幸せそうだから。 そのせいで進と玲子さんが傷ついてしまったわけですが、守とゆきのためにってひと肌脱いでくれる優しい人たちで。 まさか進と玲子さんが組んで守とゆきをどうにかしようとするなんて思いませんでしたけれど。 気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第10話「さようなら…それぞれの選択」

先週の怒りにも似た気持ちも少しはおさまってきました。 もう見守るしかありません。 原点に返って、守が幸せならよしとします。 幸せは誰かの不幸の上で成り立つもの…あまり好きな言葉ではありませんがそうなるのでしょうか。 玲子さんが結婚式から逃げ出した気持ちはわかるような気がしますが、そのあとゆきに会って自分の知らない守の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

独身貴族 第9話「もう戻れない…痛む恋の傷あと」

戻らなくて結構。 玲子さんを泣かさないで欲しい。 じゃないとあのプロポーズはなんだったのって思ってしまうから。 玲子さんに正直な気持ちを全部吐き出して、わかってもらって、玲子さんと結婚するって決めたんじゃないの。 今回は見ていてイライラしてしまいました。 守の不器用さが原因かと思いましたが、どうやら違うみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第8話「僕が彼女にできる事…最後の選択」

前回の守のプロポーズがぐるぐると頭を回った1週間でした。 いろいろ考えましたが、どうなるのか全く予想もつかず。 どこかでこのままなわけがない…と思ってしまって。 ・守のガウン姿ー! 療養中だから? それともいつもこの格好で? (以前寝ているシーンもあったのに思い出せず。この鳥頭めっ) ちらりと見えるおみ足に萌え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第7話「涙のプロポーズ」

プロポーズするのは誰?そして誰に? ・朝食は玲子さまが用意 そっか…守さんは作らないのね。 ・映画化に向けて着々と進行される「8月のボレロ」 「脚本はこのままでいい」なんて言ってしまう進に不安を感じます。 そんな切ない表情でゆきを見つめるなら、進に任せなきゃいいのに… もう、守ったら! ・脚本の進捗状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第6話「動き出した恋…僕は結婚します。」

切ない、切ない第6話でした。 ・思うところはあるけれど、いつもの朝ごはん(もちろんメガネ) というか、あえて普段どおりにしたのかな…と思うと切ない。 ・気にしていないそぶりの守 「ゆきちゃん?ああ、春野ゆき」 わかってるくせにぃ!!! ゆきが「真面目で清潔で、バカじゃないし、意思が強い。」から進とお似合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第5話「もう恋なんてしないと決めた夜…」

そんな切ないことを言わないで。 あとには「…なんて、言わないよ絶対」って続くんでしょう? と思ったサブタイトルの第5話です。 の、前に。 慎吾くんの絵! 第4話を観る前に、慎吾くんが描いた絵がドラマに使われていると知っていたのに、確認するのをすっかり忘れてしまっていました。 今回は忘れずにチェックしなくては。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第4話「心奪われた夜…ホテルで二人きり」

ホ、ホテルで二人きりぃ? そ、それは何て素敵なハプニング。 ・今回もとってもおいしそうな朝ごはん。 おひつなのもまたよし。 前の日にゆきと食事に行った進。 あれ、帰ってこなかった? 進の洋服は前の人一緒? オチがどこかにあるはず、と思ってもドキドキしてしまいます。 ・デヴィおばさんの家宅捜索。 さすがに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第3話「独身貴族に終止符!? 縮まっていく二人の距離」

遅れてしまいましたが、3話の感想です。 ・社長のいけず~ 取り戻した脚本をこそっと置いて帰るなんて。 もっとアピースしたっていいのに。 その場に居たのだから。 ・お貴族様が作る朝ごはんがとってもおいしそう! ちゃんと進の分まで用意しているのね。 今回もメガネ姿を拝ませてくださってありがとうございます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族 第2話「一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族」

え?もう恋に落ちちゃうの?なサブタイトルに驚いた第2話です。 【追記】 すみません、間違いが多くあったので、記事の内容を大幅に変更しています。 ・ゆきの脚本を著名な脚本家・高倉のものだと偽って提出する進 目先のことにとらわれてはいけませんよ…(自戒もこめて) 会社やお兄ちゃんのことを思っての行動、というのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独身貴族第1話「なぜ僕が結婚しないのか?その理由を教えましょう…」

いよいよ新ドラマのスタート! 昨日は主題歌が「シャレオツ」というタイトルだと知って盛大に吹きました。 なんていうかSMAPっていつも攻めますね(笑) 朝から番宣のためにめざましテレビに登場。 「すげぇ眠いっす」って言ってましたけどもw つよぽんと伊藤英明くんと北川景子ちゃんの3人並びがすごく素敵です。 そしてそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無実の罪で刑務所に10年入っていた男。

いろいろあった週末でしたが、まずは土曜ワイド劇場特別企画「スペシャリスト」から。 最初は説明口調のセリフや(ストーリーを進めるにあたって必要なのもわかるのですが)、南果歩さん演じる姉小路千波がギャーギャーうるさく感じられてホントどうしようかと思いましたが、そのうちさほど気にならなくなりました。 それよりも何よりもつよぽん演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 最終話「僕が医者を続けるただ一つの理由」感想

とうとう終わってしまいました。 冒頭のすずの生い立ちを語る祐太に涙腺が崩壊しました。 今まで2人でこれまでのこと・これからのことをたくさん話してきたんだろうなぁ、と思いをはせるとたまらなくて。 すずの状態を聞いた後のお父さんの背中がすごく小さく見えて、胸が痛かったです。 確かに森下先生と佐伯教授は似ているのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第10話「医者が忘れてはいけないその重み」感想

ブルーレイディスクにダビングしていた番組が確認したもの全てが再生できなくなっていました。 もちろん「医者僕」も。 見返せないことほど辛いものはありません。 もう一体どうしたらいいのか。 ドラマはDVDで出るからいいけど、他は…? 調べてみたらブルーレイディスクってDVDよりも繊細なんだとか。 取り扱いには気をつけてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第9話「医者も一人の弱い人間という現実」感想

また難しい問題が次々と出てきました。 もう頭がパンクしそうです。 ・すずの入院 状態が悪いから入院というだけではなさそう。 すずのお父さんは祐太を責めていたけれどそれってどうなのかな。 すずは自分の状態を隠していたんだし… ・新見先生の本音 難しい問題です。 そんなに間違っていないと思うのですが、でもこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第8話「医者と患者が向き合うことの意味」感想

正直なところ放送前はストーリーは気になるものの前向きに見る気にはとてもとてもなれなかったのですが、いざ見始めてみると引き込まれてあっという間に時間が経ちました。 ・すずとの生活 でれっでれの祐太が可愛いよ! 瑞希も内心複雑だとは思うけど、たこさんウィンナー似合ってるよ! ・モンペ 「非常識で問題の多い元サラリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第7話「医者としてでなく人として僕は…」感想

・瑞希の女心 祐太のことを意識し始めたら止まらなくなってしまったようで。 どんどん女の子らしさが出てきて可愛いです。 応援したいんだけど… ・すずの女心 好きな人と一緒に居るときは他愛のない会話を楽しみたいですよね。 すずの気持ちもよくわかります。 「そんなこと」って言われると辛い。 祐太が心配する気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第6話「僕が医者になった本当の理由」感想

祐太の過去と谷口先生の成長が描かれた第6話でした。 ・瑞希とのお好み焼きデート。 祐太も誘ってたんだww ・女性に不慣れな谷口先生。 真逆なタイプだと最初は思っていたのですが。 見た目にだまされてはいけませんね。 きっと谷口先生もなめられてはいけないとガチガチに固めてしまっているんでしょうね。 ・中島先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

37歳で医者になった僕 第5話「医者から近くて遠い存在」感想

再び胃がキリキリするような展開でした。 それでも以前と違うのは「調子を狂わせられちゃった」2人の先生と森下先生という強力な仲間がいてくれること。 これは結構大きくて、もしなかったら見続けられていたかどうか。 ああでも4話と違って見返す勇気が出ないので、初見で思ったままの感想を書きます。 祐太よ、もっとうまくやってくれ!(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more