SMAPがんばりますっ!!2013

さて、がんばります。
さくさくいきましょう!

今年はSMAPがテレビ朝日に入社して社員さんのお仕事ぶりを学ぶというチャレンジ。

◇入社式

社長より配属先の発表と社員証が手渡されました。
慣れぬ場所に居心地が悪そうなSMAPさんたち。
配属先が発表されるたびに後ろの4人がガヤガヤ言うのが面白かった~
社員証がきちんとメンバーカラーで色分けされてるのがよかったです。

「スポーツ局で中居が号泣」

それ番組が違いますw

◇木村拓哉×技術局

カメラマンになるということですね。

きっとそつなくこなすのでは?と想像していましたが、やはりセンスがあるようでメキメキとスキルアップ。
研修時間の予定を大幅に巻いて終了!
さすがです!

「黄金伝説」の秘境めしというコーナーのロケに同行することに。
U字工事のお2人が大変驚いていましたが、そりゃそうだ。

それにしても、カメラを覗き込むときの横顔や、二の腕のアップにやられました。
たまらんですなっ
現場の雰囲気にとけこむのが早いのもすごいなぁ。
カメラチーム木村が出来上がっていましたね。

「8倍もしくは24倍速」と予想していた木村くんですが、実際は210倍速そしてなんと1087.5倍速までなりました。
これには木村くんもがっかり。
ま、この番組というか木村くんのチャレンジに倍速はつきもの、ということで。

得点は47点でした。
辛口のようですが、新人さんですものね。

木村くん、おつかれさまでした!

◇草なぎ剛×アナウンス部

これが一番心配だったチャレンジ。
さてカミカミ王子はどうなるのか。

基本の発声練習がもうカミカミなんですもの。
鼻濁音を知らないつよぽん。
役者の仕事で触れられることはないのかな。

「しんしゅう しゃんそんそーん」ですってよwww
(正解は新春シャンソンショー」

「播磨灘などの檀家のダンナ」では言えずに「あはって言っちゃった(笑)
(しかもテロップにもハートマークつき。ADさんにもハートが見えたらしいw)

続いては状況描写の練習。
これが意外とスラスラと言えていました。
度胸があるからでしょうか。
カミカミでしたけどもw
緑や木はシゲシゲと綺麗だったそうです(笑)

「すぐスポーツアナウンサーになれますね。いい感じです。問題はしゃべりの言葉のキレ。描写能力は抜群だと思います。だからもっと口を縦に開けてしっかり発音しましょう」

先輩アナウンサーからのお言葉です。
問題点はあるけれど、アナウンサーのセンスがありそうです。
よかったね、つよぽん。

研修の最後はプロレスの実況。
どうかなって思っていたのですが、不思議とハマっていて安心しました。
「カウント2.9-!」つよぽん語録に登録です(笑)
途中からヤングライオンに肩入れしてしまっていましたけれどもw

実際に戦っていた選手のあたたかい反応も嬉しかったです。
つよぽんが連呼した「はさみわざー」もちゃんと技の名前として選手のプロフィールに載せてもらっていたし。
(しかもひらがな表記。わかってらっしゃるw)

得点は42点。
アナウンサーはきちんと話すのが基本ですから、噛みやすいのは致命傷でしょうかw

◇稲垣吾郎×製作1部

ADさんですね。
「お試しかっ!」のAD

まずは箸あげと呼ばれる物撮りから。
サウスポーな吾郎さんですが、右で撮らなくてはいけないという大変さ。
手がぷるぷるしちゃって…言い訳がきかないですもんね。

「かえれま10」のシュミレーションではボヤキを連発。
でもこれはそうなっちゃうよ。
がんばりますとしてはどうしても吾郎さんにぼやいて欲しい、みたいな意図を感じる企画です。

ADさんが事前に実際に食べてシュミレーションしているのですね。
本当に大変なお仕事です。

吾郎さんとその仲間たち(ADさん)との会話も淡々として面白かったです。
容赦なく突っ込まれていたりとか。

「文句を言ってる自分はみっともない。来年絶対我慢する。心で思ってても絶対言わない」そしたらもっと大変な企画をスタッフさんが持ってきそうで心配ですよ、吾郎さん。

得点は38点。

◇香取慎吾×総務部

テレビ朝日で働く社員さんを徹底的にサポートする部署なんですね。

廊下に出てる荷物にある張り紙にはAD稲垣さんの文字が。
それに気づいた慎吾くん、ちょっと嬉しそう。

おじさん上司たちが優しくって、和みました。
とても幅広い業務内容にも興味津々でした。

寝坊はいけませんが、寝癖に萌えた~
そして役者魂がロックオンされた防犯訓練での犯人役に大笑いしました。

CM明けに慎吾くんのときにだけ出てくる総務部のみなさんのイラストが無駄に力作で好きです。

は~面白かった。
このがんばりが一番リピ率が高いです。
今回のがんばりのなかで一番内容がわからなかった総務部のお仕事ですが、終わってみれば慎吾くんにぴったりで、とても楽しかったです。

得点は92点。
ほら、総務部のおじさんたちはお優しい(笑)

◇中居正広×スポーツ局

スポーツ記者としてニュース番組用の映像と原稿を作るお仕事です。

これが…まったく笑えませんでした。
VTR前の「よくできました」というフリや先輩記者にスパルタスイッチが入った、という編集でバラエティのノリを感じましたけど…

失敗の許されない仕事ならば、なおさら事前に研修が必要なのでは。
こんなすぐ本番、ってうまくいきっこないです。

得点は5点。
よく点数がついたと思います。
一応少しでも中居くんのVTRが採用されたからでしょうか。

「総務部に連絡くれればよかったのに」は和みました。
総務部は私の癒しですわ。

◇ヤングなでしこvsSMAPフットサル生対決

なんでしょう、このスマスマ感満載な企画は。
みているこちらとしては前のコーナーの微妙な気持ちがまだ残っていたのでイマイチ入りこめず。
しかも、宣伝が絡んでいるし。
最後に宣伝を始めたとき、自分がさ~っと引いていくのを感じました。

がんばりますがファンから支持をえているのはSMAPだけでチャレンジしているからなんです。
5人でボーリング対決が見たかったです。
たとえそれが友寄さんの思いつきで、実現性が低いにしても、フリースローのときのように5人だけでチャレンジしているところが見たいです。

歌があったら多少は持ち直したかもしれません。
でも、今回はそれもなし。

宣伝するなら「味いちもんめ」と「スペシャリスト」の宣伝をしてくれたらよかったのに。
以前のがんばりますでテレ朝でのドラマのお仕事が少ないって言ってたじゃないですか。
せっかくお仕事がきたのだから宣伝して欲しかったです。

◇提供読み

つよぽんには最後に新人アナウンサー2人とともに提供を読むというFNSか!という大仕事がありました。
ドキドキしながら見守りました。

多少微妙なところもありましたけれども、概ねよかったのではないでしょうか。

それにしても見守るときのこちらの緊張感ったら。
よかったよー、うまくいって。

カメラは木村くん。
最後までカメラマンさんに徹していたため、なかなか5ショットが拝めなかったのは残念でしたが、少し微妙だった空気がほんのり温まったのでよかったかな。

来年はもっと面白いといいな、と期待することにします。


web拍手 by FC2

この記事へのコメント